株式会社モバイルコンサルティングサービスが販売している原田陽平氏の「民泊特需」は「即金スコープ」と同じ商材らしい? 詐欺か?本物か?評判も含めて調べてみました。

「民泊特需」という商材は、エアビーを活用したビジネスモデルの商材であるが、「即金スコープ」と内容は一緒だったらしい? そして、最後はやっぱり高額塾へのご案内か?

Airbnb201605-51

 

最近、テレビでも時折見かける「民泊」というフレーズ。日本国政府の政策として、観光立国というものを一つの政策としており、訪日外国旅行者を増やす取り組みが、2010年ごろから様々なところで行われております。

そして、昨年までの5~6年間で、訪日外国旅行者は続々と増えている傾向にありますが、そこである問題が発生しました。それは、宿泊施設の不足です。

国全体的にみれば、不足はないのでしょうが、特定地域に訪日外国旅行者が集中することで、宿泊施設の不足が問題となったわけです。

そこで、日本国政府は新たな取り組みとして、一般住宅の使っていない部屋などを活用する「民泊」に目をつけました(Airbnbがサービス開始したときから民泊は存在していたが、様々な問題が発生していたため、目を付けたということもある)。

それを、国家戦略の一つに位置づけることで、「民泊」の普及に努めるべく、法的規制緩和などの政策を現在進行形で進めております。

Airbnb(エアビーアンドビー)を活用する商材は、以前も取り上げましたので、参考までにあわせてご覧ください。

尾嶋健信氏のお手軽不動産投資

「民泊特需」・「即金スコープ」の概要とは?

以下に、簡単ではありますが「民泊特需」・「即金スコープ」の概要を掲載します。

★ この情報商材の名称

「民泊特需」・「即金スコープ」

★ この情報商材の提供者

原田陽平

★ この情報商材の販売会社

株式会社モバイルコンサルティングサービス

 ★ 提供サイト(本記事内の画像の出典元)

http://vrc-a.com/lp/1a/
http://vrc-a.com/lp/3a/?AD_CODE=0130_00092

★ 情報商材の販売価格

無料オファー + 動画 + 高額塾(詳しくは後述)

 

「民泊特需」・「即金スコープ」を見てチェックするべきところは?

今回の「民泊特需」・「即金スコープ」を見てチェックするべきところ3点を取り上げてみました。

【チェックポイント1】

「不動産投資なのに資金ゼロ!しかも100%稼げる保証付き 即金!民泊特需!」は、「即金スコープ」と同じ商材であることが判明。

【チェックポイント2】

エアービーアンドビー(Airbnb)でできることと、その需要の背景に迫る

【チェックポイント3】

エアビーアンドビーのビジネスが資金ゼロでできるなんて、到底思えないが?

 

「民泊特需」・「即金スコープ」に対するチェックポイントの解説

さて、先ほどの3つのチェックポイントで着眼したところを私なりに解説させていただきますよ。

【チェックポイント1】

「不動産投資なのに資金ゼロ!しかも100%稼げる保証付き 即金!民泊特需!」は、「即金スコープ」と同じ商材であることが判明。

この記事の最上部の画像では、「不動産投資なのに資金ゼロ!しかも100%稼げる保証付き 即金!民泊特需!」と、堂々と、その稼ぐ手段を開示しています。

それにもかかわらず、下記のもう一つのオファーページでは、無料オファー特有の「何で稼ぐかを明示しない」パターンを採用していることがわかります。
この2つを比べると、「なぜ、そんなことをしたのか」と考えると、きりがないのですが、一つ言えるのは何か胡散臭いものがあるのではないかと感じたことです。

確かに、下の画像をよく見ると、住宅街の画像と1万円札などが舞っているさまが描かれていますので、まったく想像できないわけではありません。

そんな遠回しに表現するぐらいなら、堂々と不動産投資だと書けばよかったのではと思えたくらいです。

下の画像にあるスコープというのが、今回の商材のキーワードであるエアビーアンドビー(Airbnb)のことだと思われます。

 

Airbnb201605-52

最上部の画像と比べると、よくあるインチキ商材・詐欺商材にあるようなフレーズばかりが並んでいますね。「民泊」というフレーズを使えない事情があったのですかね? 私は特段ないと思っていますが・・・。

【チェックポイント2】

エアービーアンドビー(Airbnb)でできることと、その需要の背景に迫る

この商材では、「民泊特需」という表現が使われていますが、ここで民泊について軽く説明しておきましょう。

民泊とは、ホテルや旅館という宿泊施設ではない(さらにいえばカプセルホテルなどの簡易宿泊所にも該当しない)民間人の家や部屋を宿泊場所として利用者に提供することで、提供者が、対価として利用料をゲットする仕組みです。

そのための仲介役をするインターネット上のシステムが、エアービーアンドビーなのです。

エアービーアンドビー自体はアメリカ発祥のシステムで、ほぼ全世界でサービスを提供しているのが特徴です。エアービーアンドビー以外にも同様のサービスをしているところがいくつかあったりしますが、エアービーアンドビーは民泊の最大手といても過言ではないでしょう。

この説明だけでは、イメージがわかないと思いますので、もう少し平たく説明することにします。

ふつうはどこかに旅行や出張に行く際に、本来であれば、ホテルや旅館を探します。
しかし、エアービーアンドビーでは、そういった宿泊施設を探さずに、エアービーアンドビーに登録している民間人が提供する普通の家や部屋を探し、宿泊するという仕組みになっています。

当然、利用者の中は、普通のホテルや旅館よりも、安く泊まりたい人もいらっしゃるはずです。そんなときは、エアビーアンドビーで提供される宿泊場所を利用することで、需要と供給が成り立つシステムだと思います。

ただ、価格面だけでいえば、さすがに東京の山谷とか大阪の新今宮周辺の簡易宿泊所に比べたら負けるでしょうけども。しかし、今例にあげた場所は治安が非常に悪い地帯ですので、一般人にはお勧めできないことだけ伝えておきます。

話がちょっと脱線したので、再び本題に戻りますね。

そのエアビーアンドビーを利用して稼ぐということは、エアビーアンドビーに宿泊場所を登録し、利用してもらうことにより、収入を得るという使い方が想定できます。

しかも、今の日本においては、2020年開催予定の東京オリンピックに加え、近年、日本政府自体が海外からの旅行客を増やそうという取り組みをしております。

これらの背景を踏まえて、この商材では「民泊特需」という表現を使っているものと思われます。

ビジネスとしては、的を得たものですので、一見すると商材としては興味をそそります。

 

Airbnb201605-53

この画像だけでは、一見何なのかよくわからないが、なにか不動産を利用したようなビジネスっぽいことだけは推測がつきそうである。

【チェックポイント3】

エアビーアンドビーのビジネスが資金ゼロでできるなんて、到底思えないが?

今現在の日本においては、チェックポイント2で述べたように、「民泊特需」が期待できる環境にあります。
少なくとも、海外からのエアービーアンドビーを通しての利用客が激増するというシナリオは描けることでしょう。また、冒頭にも述べた通り、日本国政府の国家戦略の一つとして「民泊」に関する政策を推している現状があります。

ですから、エアビーアンドビーはビジネスとして今後も拡大し続けていくことでしょう。

しかし、ここで一つの疑問点があります。それは、本当に資金ゼロで、エアビーアンドビーを活用したビジネスができるのかということです。

エアービーアンドビーを活用するということは、エアビーアンドビーに宿泊場所として供するための家ないしは部屋を登録しなければお話になりません。それから、海外からの旅行客に利用してもらい、収入を得なければいけないわけです。

エアビーアンドビーを用いたビジネスで必要なものは、先ほども申したように宿泊場所として提供する部屋や家、すなわち、不動産が絶対に必要なわけです。

エアビーアンドビーを用いたビジネスをすぐにかつ資金ゼロでできる条件としては、以下の条件のいずれかを満たしていなければできないと思います。

  • 部屋が余っている
  • 使っていない家がある
  • 賃貸住宅を持っている
  • 不動産を所有している

これらのいずれかの条件を満たす必要があります。でないとできっこないわけです。

なお、マンションやアパートを借りていて、部屋が余ってるからエアビーアンドビーを用いたビジネスをしようとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、すでに賃貸借契約を結んでいるうえで、さらに賃貸借契約を結ぶこと、すなわち又貸しは、もとの貸主から契約解除を受ける原因となりますので、お勧めできません。

また、そういった物件は「民泊で使用することを禁止」としたケースも多くみられますので、エアビーアンドビーを安全にするのであれば、自己所有の不動産であることが必要条件でしょう。

以上のことから、「ノウハウも資金もない普通の人達でも、誰でも稼ぐことができる」と言っているのが理解に苦しみます。

 

Airbnb201605-54

 

この項の最下部にある画像は、動画のスタート画面です。

そこでも、

  • 不動産投資でまさかの資金ゼロ!
  • しかも、100%稼げる保証付き!

とうたってるのです。

どう考えても、「資金ゼロ」というのは、理解できませんし、100%稼げる保証なんていうのも説得力に欠けます。

民泊特需に便乗して、資産家が、賃貸住宅用の建物を普通に賃貸として供さず、海外からの旅行者に対して、宿泊施設として貸し出すというのはアイデアとしてもビジネスとしても興味深いものです。
しかし、エアビーアンドビービジネス自体は、不動産案件を持っていない一般人では、とてもじゃないですが、資金ゼロでできる案件とは思えません。

みなさんはどう思いますか?

厳密にいうなれば、既に、貸し出せるような不動産を所有していても、以下の経費がかかることは避けられません。

  • 顧客利用後の掃除(ベッドメーク・備品補充作業を含む)
  • 宿泊用の部屋にするための寝具・家具の準備費用

大まかにこれらが経費としてかかるわけですね。

このブログの読者の大半の方が、おそらく民宿・旅館・ホテル・客船の個室のいずれかを利用されていると思いますので、普通に考えればわかると思いますけれども・・・。

あえて、もう一度問いかけますが、客が泊まった後にやることといえば何でしょう?

  • 掃除
  • ベッドメーク
  • 備品の補充

といった管理作業ですね。これも当然やらなければならないわけです。

ですから、資金ゼロでできるなんて到底思えないわけです。

そして、今現在、エアビーアンドビーに登録できるような不動産を持っていない人は、以下のような作業が追加として必要になるわけです。

  • マンションやアパートを購入する
  • ビジネス用の部屋を借りて、流用(又貸し)する

ということをしなければなりません。また、先ほども申した通り、又貸しは物件によっては禁止されている場合もあるので、そう簡単にはできないと思います。マンション・アパートを一括借り上げしてやる分には、さほど苦労しないでしょうが・・・。

部屋を借りてエアビーアンドビービジネスをやる場合においては、

  • 敷金や礼金
  • 寝具や家具などの備品の(購入かレンタルの)費用

などが、発生するわけですので、資金ゼロでできるわけがありません。

しかも、客が使用した後の掃除なども、誰がするのか?という問題も浮上するわけです。

考えられるとすれば

  • 自分たちでやる(経費節減したいならこの方法。ただし、時間と労力がかかる)
  • 外注する(自分たちは何もしなくていいが、人件費などお金がかなりかかる)

この2つのいずれかという形になるわけです。

動画の中で、このビジネスを実践している人たちのインタビューもあるのですが、そこでは「陽平さん(原田陽平氏)に、すべて、お任せして、何もしていません!」なんていう発言が見受けられました。

この話を、このままの解釈で受け止めるならば、「原田陽平氏は、不動産管理会社を起業したいので、そのために情報弱者から金をだまし取ろうとしている」と思ってしまったのは私だけですかね?

ちょっと胡散臭いというか、詐欺的なにおいも感じてしまうのは気のせいでしょうか?

しかも、誰かに部屋を貸すということは、必ず隣人とのトラブルが発生するわけです。
そのトラブルに対処するのは、不動産のオーナーや貸主がしなければなりません。そういう観点から考えても、エアビーアンドビービジネスで不労所得というのは考えられないわけです。

でも、原田陽平氏が、不動産管理会社を用いて、付帯作業をすべて外注で賄うというのであれば、また話は別なのですが・・・。

 

Airbnb201605-55

さて、最近Airbnd(エアビーアンドビー。略してエアビー)を活用するビジネスをもとにした商材が多く出ています。それを踏まえて、これまで述べたことを繰り返すようですが、改めてエアビー関連商材のデメリットを中心に解説します。

エアビーを用いたビジネスモデル自体は、有効な手段であることは間違いないのは事実です。しかし、以下の懸念材料があることだけは頭に入れておいてください。この商材に限らず、すべてのエアビー関連商材に共通することです。

1.エアビーの勉強は、ご自身で情報収集を!

宿泊客に提供できるような部屋を所有している人は、エアビーを活用して収入を得ることを考えても、何ら問題ないと思います。
でも、このVRCに登録するのではなく、あくまで、ご自身で研究されることをオススメします。必要ならば、信頼できる専門家などとコンタクトをとって研究されるほうが身のためでしょう。

2.資金ゼロは絶対に無理!
たとえ、エアビーに提供できる部屋を所有しているしている人でも、宿泊用の部屋にするための内装(工事)費や寝具・家具類などの設備費用(設備投資)は避けられない事項です。

ましてや、現状、不動産を所有してない方は、賃貸物件を借りるなどして、エアビー用の部屋を調達しなければなりません。そうなると、家賃のほかにも、さらに敷金・礼金なども必要になります。

3.赤字などのリスクも背負う可能性があることを心得よ

もし、エアビー用の部屋を首尾よく準備できたとしても、賃貸物件を借用する形で、エアビー用の部屋にした場合においては、宿泊客が利用してくれない限り、延々と賃貸料だけを払わなければならない状態も考えられます。

また、宿泊客が部屋を利用した後の掃除・ベッドメイクなどの整備作業を代行会社などに委託した場合、自分でやることは減る代わりに、その分、自らが得る利益が減ってしまうわけです。そうなると、ますます、部屋の賃貸料や家賃の支払いなどが重くのしかかってくることになります。

そうした状態が延々と続くと、赤字から脱却できないおそれもあります。

その点を踏まえて、エアビービジネスの世界に飛び込むか否かよくお考え下さい。

「民泊特需」・「即金スコープ」っていったいどんな商材なのか?

簡単に言うと、「エアビーアンドビーを活用して、稼ぎましょう。同時にそのためのノウハウは提供します。」という商材なのでしょう。

しかし、チェックポイント3でも開設した通り、資金ゼロで、誰にでもできるとは思えません。
もし、本当に稼げるとうたうのであれば、原田陽平氏が部屋の掃除などを一手に引き受けるような管理会社を設立しない限り、不労所得(何もしないでも収入が入ってくる)も入らないと思います。

ここからが、一応結末ということで、皆様にお伝えします。
無料オファーから行きついた結果、VRCことバケーション・レンタル・クラブという高額な参加費が必要な塾になりました。まあ、そこは予想通りなんですが。

http://vrc-a.info/hon/2/ippan/

ちなみに、いまだに、申し込める状態が続いています。

金額は、上記のサイトにも出ていますが、一括支払いで、347,000円という高額塾での中でも、30万円超えの高めの設定でした。だいたい高額塾の相場は30万円弱に設定しているところが多いです。

ちなみ、前述の概要に記載した提供サイトは、いつ見ても、公開終了まで、あと「2日15時間・・・」という感じでカウントダウンが始まるという設定になっています。見掛け倒しとはよくいったものです。

いったい、いつまで募集するんですかね?

エアビーを活用し、収入を得るというアイデアは、申し分ありません。
しかし、資金ゼロ・リスクゼロで、できるようなビジネスではないのは事実です。

しかも、30万円以上の参加費を払うくらいなら、自分でお金をかけて、色々と研究するほうがよほど身につくのではないかと思います。
最近は、エアビーを活用する他の商材も、色々なところから登場してきてます。
これらに共通して言えるのは、初心者が、簡単にできるようなビジネスに非ずということです。

<この商材に対する私の総合的な見解>

資産家や既に不動産を所有している人達が、ビジネスとして、エアービーアンドビーを活用するというのは、非常に良いアイデアであると思います。
しかし、誰もが、資金ゼロで、かつ不労所得を得られるというのは、ちょっと信用なりません。
したがって、ビジネスモデルとしては高評価ではありますが、商材としては初心者や情報弱者の方を騙すための商材という判断を下します。

もし、原田陽平氏が不動産管理会社を設立したうえで、今回募集して、エアビーアンドビー活用ビジネスに参加した人たちの部屋の清掃や備品管理を代行します。そのうえで、参加者から手数料を取るというような話であれば、まだ納得できます。
でも、さっきも言った通り、資金ゼロでこのビジネスが始められるとは思えません。

<この商材の調査結果>

今までの情報を総合的に鑑みまして、この商材は初心者や情報弱者を狙った悪徳商材と判定させていただきます。

ネットで稼ぐ正しい方法を無料で教えます!

本ブログでは、ネットビジネスの王道的な稼ぎ方が学べる「無料メール講座」を開設しております。

ネットビジネス初心者に向けて販売されている情報商材のほとんどが、詐欺であり、インチキであり、高額であり・・・。

  • 誰でも簡単にできる
  • 何も考えずにできる
  • 完全自動でできる
  • 1日たった数分でできる
  • スマホをちょちょいとタップすればOK

といったような、夢のような嘘を平気でついて、人を騙すことで稼いでいるインチキネットビジネスプレイヤーが世の中に跋扈(ばっこ)しております。本当に許せないことです。

でも、本来のネットビジネスは、副収入を得るビジネスとしては最適で、誰にでもできるものなのです。

また、本気を出せば、「少ない資金で大きな稼ぎを得られる」ことが特徴です。リアルビジネスよりも労力がかからずに起業することもできるのです。なにしろ、パソコン1台あればできてしまうのですから!

今よりも、少しでもお金に余裕があったら、あなたはどうしますか?

  • 老後の心配を少しでもなくしたい
  • 大事な人のためにお金を貯めたい
  • お小遣い程度でいいから、少しでも別の収入手段がほしい
  • 将来、起業を考えている
  • お金をためて自由な生活を送りたい

といった具合に、お金の悩みを抱えている方は大勢いらっしゃると思います。

別に、お金があって困ることは何もありません。

☆ネットビジネスに興味があるけど、やり方がわからないあなた。

☆少しでも、別の収入手段を確立させて、今よりも収入を増やしたいあなた。

☆サラリーマンではなく、独立して生活したいあなた。

ぜひ、本ブログのメール講座「やくしのネットdeゴールド養成所」の門をたたいてください。

ただし、受講生は50名限定とさせていただいております。

メール講座にご興味のある方、また参加される方は下の画像をクリックして、内容をご確認していただきましてから、お申し込みくださいませ。

yakushi-net_page

サブコンテンツ

ごあいさつ

proflie ようこそいらっしゃいませ。当ブログの管理人の「やくし」です。ネットビジネスに興味を持ったので、始めてみたわけですが、調べてみると詐欺商材・インチキ商材・悪徳商材の山ばかりで、うんざりしたわけです。幸い、私は的確に指導してくれる先生を見つけた甲斐もあり、その先生にいろいろとご教示を賜った結果、世の中にあふれる情報商材の見分け方が身につきました。ここでは、ネットビジネスに興味のある初心者の方が、変な商材に手を出して、インチキネットビジネスプレイヤーにお金を巻き上げられることがないよう、ネットビジネスの正しい道を示すのが私の使命だと思い、このブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

お問い合わせ

mail お問い合わせは上のアイコンからお願いします。

ページの冒頭に戻る

error: Content is protected !!