株式会社常昇社が提供している「アクアライブ」は、競艇投資で「誰もが喜ぶ競艇生活」とうたっているが、本物? 詐欺? 口コミや評判をもとにレビューします

今回の案件のようなギャンブル系サイトもネットビジネスの一種として取り上げるオファーが見られるが、ギャンブルはギャンブル。泣いても笑っても自己責任でどうぞ!

aqua-live

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ちょっと変わった案件をレビューしていきたいと思います。今回はギャンブル系案件(商材といえるかは微妙なので、この表記とさせていただきました)を取り扱います。

そういえば、ギャンブル系を扱うのは初めてですね。だいたい、ネットビジネスの常套手段を使ったインチキ商材か投資系商材をレビューしていることが多いですので。

まあ、ギャンブル案件なので、いわゆるそこらにある情報商材とは毛色が違うのですが、お金を稼ぐという面、そして情報を扱っているという面では、ある意味情報商材と似たような側面も持ち合わせています。

ですから、今回あえて扱うことにしました。お金を稼ぐという観点からいえば、ちょっと畑が違う分野を見るのも悪くはないのかもしれません。

けれども、案件が案件だけに、いつものようにじっくりとレビューするのではなく、ささっとレビューしていきたいなと思います。

「アクアライブ」の概要とは?

以下に、簡単ではありますが「アクアライブ」の概要を掲載します。

★ この案件の名称

「アクアライブ」

★ この案件の提供会社

株式会社常昇社

★ この案件の販売責任者

酒井 朋彦

★ 提供サイト(本記事内の画像の出典元)

http://www.perfect-br.net/

★ この案件の販売価格

無料オファー ⇒ 会員登録(登録だけは無料) ⇒ 情報を購入(最低でも1案件30,000円から)

いわゆるインチキ商材のような形式ではなく、提供されるレース各種情報に対し、対価を払うような形式です。

「アクアライブ」を見てチェックするべきところは?

「アクアライブ」を見てチェックするべきところ3点を取り上げてみました。

【チェックポイント1】

稼ぎ方が明確に示されている点に関していえば、評価してもよい気がするが・・・。

【チェックポイント2】

稼いだ実績を掲載しているものの、当たった舟券に関しての証拠が見当たらず・・・。

【チェックポイント3】

株式会社常昇社自体が、弁護士会から注意喚起されているらしい。

「アクアライブ」に対するチェックポイントの解説

さて、先ほどの3つのチェックポイントで着眼したところを私なりに解説させていただきますよ。

【チェックポイント1】

稼ぎ方が明確に示されている点に関していえば、評価してもよい気がするが・・・。

冒頭の画像を見ると、ギャンブル案件ではありますが、「競艇投資」、すなわち競艇の配当金を使って稼ぐということがうかがえます。

よくあるインチキ商材のパターンですと、「究極の投資法」とか「今までにない稼ぎ方」とか謳って、セールスレターでギャンブル色を一切出さずに無料オファー仕掛けてくることが多いです。

それよりは最初から競艇投資と謳っているので、その点だけは評価できるでしょう。

ちなみに、競艇というのは、皆様ご存知の通り、競馬や競輪、オートレースと同じく公営ギャンブルの一つに当てはまります。ちなみに、競艇を「ボートレース」と呼んでいるケースもあります。

冒頭で・・・

「ギャンブルは儲からない?」

「そう勘違いしてしまっている貴方に、堅実に、着実に、地に脚をつけてお金を稼ぎたい方にこれ以上ない投資法としての今回のアクアライブの競艇投資」とうたっていますが、あくまでギャンブルはギャンブルです。

ギャンブル≠投資ではないです。さすがに、競艇ぐらいは、情報弱者の方でも聞いたことがあるでしょうから、ギャンブルだと認知はしているでしょうけど、「競艇の舟券に投資すれば金稼げるんだ」と少しでも思うようなら、ちょっと冷静になったほうがいいかなと思います。

ギャンブルもあたらなければ意味がありません。そういう意味では、投資系(FX・バイナリーオプションなど)と同じく、リスクが付きまとうわけです。

aqua-live2

 

 

 

 

 

 

冒頭の画像の下に上のような画像があります。

この案件の流れとして・・・

  1. レース当日に情報が公開されるので、その情報を確認する
  2. ネットもしくは競艇場で、舟券を提供された情報通りに買う
  3. レース結果を見て、配当金の確認をする。

といった感じに、競艇のレース情報を頼りに、お金を稼ぐという方式のようです。

ただ、札束を握っている画像を見ると、なんか胡散臭さがぬぐえないというか、インチキ商材でもよく多用されている手口ですので、私としては、ちょっと近づきたくないなと思ってしまったわけです。

また、上の画像の下部に表記されている「究極の安定性」というフレーズに関しても、正直ひっかかりを覚えます。

そもそも、ギャンブルですから安定もくそもないですし、その辺がそこらのインチキ商材と同じにおいがする感じを覚えました。

aqua-live4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像の通り、競艇について知らない方向けの文言が見られますが、冒頭の文章を読む限りでは、おそらくあまり嘘は並べていないかなと思った次第です。

ただ、下線で強調している文章については、ちょっとどうなのかなと思いましたね。

【チェックポイント2】

稼いだ実績を掲載しているものの、当たった舟券に関しての証拠が見当たらず・・・。

オファーページを下にスクロールして見ていると、近走の的中実績というトピックが見受けられます。

ギャンブル予想情報系サイトとしては、そこが要の部分といっても差し支えないわけですが、そこに書いている内容が本当かどうかはちょっとわからないですね。

ほかのギャンブル予想情報系サイトを見ても、だいたい、レース名と獲得金しか書いていませんし、もし、本当に勝ち券だったとしても、いくら勝ち券につぎ込んだのかというのがかかれていないということが多いです。

もし、本当に勝ったのなら、舟券で証明されるべきなのでしょうが、それがないということは、ちょっと信用性に欠ける気がします。

ですから、証拠がものを言う世界なのではないかと思います。ネットビジネスにしろ、ギャンブルにしろ、それが重要なのかなと思います。

aqua-live3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像のように実績が掲載されているが、一見それなりに稼いでても「失敗」と表記されていたりするので、どういう基準で「成功」と「失敗」に分けているのか、正直よくわからなかったです。

私の予想では、50万円以上獲得すれば、「成功」なのかなと思ったわけですが・・・。

それに、この金額が、1人分ではなく、おそらく複数人分のものを掲載していると思われますので、1人分で見ると、これよりも取り分がかなり少なくなるのではないかと思ったりします。

ちなみに、さらに下のほうにスクロールすると「会員の声」がかかれているトピックも見られますが、これらを見ても信頼できるかどうかというと微妙だなと感じました。

このトピックに関しても、よくあるインチキ情報商材の実践者の声と同じように、信頼できるかどうかというと、そうでもない気がすると私は思います。

【チェックポイント3】

株式会社常昇社自体が、弁護士会から注意喚起されているらしい。

実際、レビューサイトを見てみると、この「アクアライブ」に対する評価は高評価が多いというのは事実です。

事実といっても、視覚的な観点からの事実です。ようは、見た目は事実だけど、本当に高評価なのかどうかはちょっと疑わしいという意味です。

しかし、高評価であるにもかかわらず、弁護士会から「注意喚起」と言う意味でこのサイトの情報が掲載されていました。

これには、以下のような事実があるからです。

今回の「アクアライブ」のサイトを運営している会社である株式会社常昇社は数多くの競馬情報サイトを手掛けています。

そこで行なわれていることとは・・・

レビューサイトにある掲示板の書き込みにサクラを利用していること。つまり、そのレビューサイトの運営者とグルになっているということです。

こういうギャンブル情報系サイトとか、出会い系サイトなんかではよく見られる手法です。

こう考えると、さっきの「会員の声」もきっとサクラがいるのは間違いないでしょう。

今回は競艇情報サイトですがジャンルが異なるというだけで、同じことをやっている可能性が十分に考えられるわけです。

確かに、高評価という部分だけなら優良サイトと判断しても差し支えないでしょう。

けれども、ここは「競馬情報サイトで行ってきたことと同じことをやっているのではないか」と疑念を持つべきだと思います。

この株式会社常昇社が競馬情報サイトでやってきたことはひどいことばかり(株式会社常昇社と検索すると詐欺関係の記事がいろいろとヒットする)のようでしたので、このアクアライブでも同じことが起こるのではないでしょうか。

結局、「アクアライブ」っていったいどんな案件なのか?

はじめのほうでも申している通り、「競艇」のレース情報を提供し、その情報を購入して、その情報通りに舟券を買って、お金を稼ぐという形式の案件です。

よくあるギャンブル情報系サイトの一つといっても過言ではないでしょう。

情報については、最低でも数万円から、高額なコースだと数十万円で購入する形式となっています。

所謂、ネットビジネス系とは畑が違う分野ではありますが、冒頭にも申した通り、「お金を稼ぐ」という観点、そして「情報を得るためにお金を払う」といった点では、情報商材と似たような点があるのかなと思いまして、今回あえて取り上げた次第です。

ただ、ギャンブル=投資と結びつけている時点で、ちょっと引っかかる点があります。あくまで、ギャンブルはギャンブルです。投資の一種でもネットビジネスの一種にも当てはまらないという点だけは覚えておいたほうがいいでしょう。

競艇は、ギャンブルの一種ですので、あたれば稼げますが、当たらなかったときのリスクは常に考えておくべきだと思います。

<この案件に対する私の総合的な見解>

今回の案件は、一見すると悪徳な案件だったり、詐欺的な案件なのではと思ったりする節があります。

けれども、情報を購入するにあたって、自分でコースを選べること、そして冒頭のオファーページで「競艇」というジャンルで稼ぐということを明確に示しているという点では、そこらのギャンブル系インチキ商材と違うと考えますので、あえて悪徳案件や詐欺案件としないことにします。

ただ、ギャンブルは、自己の責任においてやるものです。自己責任でできないのなら、手を出すべきではありません。

たとえ、情報通りに買って、外した結果、「詐欺だ」といったとしても、「それはないでしょ」というのが、私個人の意見です。

もし、ギャンブルをやるなら、まず少額からやり始めて、ある程度慣れるべきではないかなと思います。とはいえ、絶対に勝てる保証はないですけれども。

でも、ギャンブルにのめりこみすぎて、破産などしないよう、くれぐれも注意してくださいね。

<この案件の調査結果>

今までの情報を総合的に鑑みまして、この案件は初心者が手を出すべきではないと思うが、出すなら自己責任の案件と判定させていただきます。

ネットビジネスで稼ぎを得たい方向けの無料メール講座のご案内

本ブログでは、ネットビジネスの王道的な稼ぎ方が学べる「無料メール講座」を開設しております。

ネットビジネス初心者に向けて販売されている情報商材のほとんどが、詐欺であり、インチキであり、高額であり・・・。

  • 誰でも簡単にできる
  • 何も考えずにできる
  • 完全自動でできる
  • 1日たった数分でできる
  • スマホをちょちょいとタップすればOK

といったような、夢のような嘘を平気でついて、人を騙すことで稼いでいるインチキネットビジネスプレイヤーが世の中に跋扈(ばっこ)しております。本当に許せないことです。

でも、本来のネットビジネスは、副収入を得るビジネスとしては最適で、誰にでもできるものなのです。

また、本気を出せば、「少ない資金で大きな稼ぎを得られる」ことが特徴です。リアルビジネスよりも労力がかからずに起業することもできるのです。なにしろ、パソコン1台あればできてしまうのですから!

今よりも、少しでもお金に余裕があったら、あなたはどうしますか?

  • 老後の心配を少しでもなくしたい
  • 大事な人のためにお金を貯めたい
  • お小遣い程度でいいから、少しでも別の収入手段がほしい
  • 将来、起業を考えている
  • お金をためて自由な生活を送りたい

といった具合に、お金の悩みを抱えている方は大勢いらっしゃると思います。

別に、お金があって困ることは何もありません。

☆ネットビジネスに興味があるけど、やり方がわからないあなた。

☆少しでも、別の収入手段を確立させて、今よりも収入を増やしたいあなた。

☆サラリーマンではなく、独立して生活したいあなた。

ぜひ、本ブログのメール講座「やくしのネットdeゴールド養成所」の門をたたいてください。

ただし、受講生は50名限定とさせていただいております。

メール講座にご興味のある方、また参加される方は下の画像をクリックして、内容をご確認していただきましてから、お申し込みくださいませ。

yakushi-net_page

 

 

 

 

 

 

 

(上の画像をクリックするとご案内ページにとびます)

サブコンテンツ

ごあいさつ

proflie ようこそいらっしゃいませ。当ブログの管理人の「やくし」です。ネットビジネスに興味を持ったので、始めてみたわけですが、調べてみると詐欺商材・インチキ商材・悪徳商材の山ばかりで、うんざりしたわけです。幸い、私は的確に指導してくれる先生を見つけた甲斐もあり、その先生にいろいろとご教示を賜った結果、世の中にあふれる情報商材の見分け方が身につきました。ここでは、ネットビジネスに興味のある初心者の方が、変な商材に手を出して、インチキネットビジネスプレイヤーにお金を巻き上げられることがないよう、ネットビジネスの正しい道を示すのが私の使命だと思い、このブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。

お問い合わせ

mail お問い合わせは上のアイコンからお願いします。

ページの冒頭に戻る

error: Content is protected !!